2011年07月24日

育毛、薄毛には、男性ホルモンが大きく関わるとよく言われます。

育毛、薄毛には、男性ホルモンが大きく関わるとよく言われます。 しかし、本当のところは、男性ホルモンがどの程度育毛、薄毛に関わるかは、まだ解明されていません。

個人によって、育毛、薄毛の症状は変わるものです。 要は、いかに、こうした、育毛、薄毛に影響を与えるホルモンの影響を受けない体にするか、ということです。

つまり、健全な体であれば、こうした影響も受けずに、育毛、薄毛に悩まされることもない、ということなのです。ホルモンには、注意すべき点もあります。

湿疹やかぶれといった皮膚病の治療に、副腎皮質ホルモンが使われることがあります。

これを使うと、肌がきれいになったように見えますが、肌が薄くなり、血管が浮いて見えるくらいにまでなることもあります。投与しすぎると、血管の破壊の恐れもあります。

身体の外側から無理やり合成したホルモンを補給することで、多量の補給をしていると体内での合成ができなくなります。

ホルモンの場合は、特に怖くさまざまな身体の異常を引き起こします。

育毛、薄毛のため、といって安易に女性ホルモンや薬に頼るのは良くないことがお分かりいただけるでしょう。やはり、健全な食生活で、ホルモンのバランスを保つことが重要なのです。

ヤラー正規販売店のフローリーバッツです
無添加ドッグフード

大阪の賃貸物件情報『大阪ひとり暮らし白書』
大阪 賃貸物件





posted by 薄毛男 at 2011年07月24日 07:10 | 薄毛と育毛、ハゲ対策
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。